発達障害もしくはグレーゾーンの可能性がある生徒は、学校で他の生徒と一緒に学習することが難しい場合があります。

そのため勉強の遅れが出ないように、学校以外で学習のフォローを受けることが多いのですが、そんな時には学習塾よりも家庭教師を選んだ方が良いでしょう。なぜ家庭教師がおすすめなのか、その理由と具体的なサポート内容について解説します。

 

学校以外の学習支援に何を選ぶべきか?

発達障害の生徒は独自のペースで理解を進めるため、学校のように全員が同じ流れで学習を進める方法は向いていません。しかしそのままでは勉強の遅れや学力の低下を招いてしまいます。そこで学校以外での学習支援が必要になるのです。

 

学習塾では対応しきれないケースも

 

集団形式の学習塾では難しいでしょうが、個別指導であれば発達障害に対応できるケースもあります。この場合も生徒の学習ペースを考慮すると、マンツーマンでの授業が必須になるでしょう。通常の個別指導よりも割高になりますが、生徒に合わせた授業を進めることができます。

 

ただし他人とのコミュニケーションがかなり難しかったり、多動性障害などがあったりすると、学習塾では対応しきれないかもしれません。また学習塾では周囲に他の生徒や講師もおり、環境が学校に近いことも不安材料になる可能性があります。

 

1対1で向き合う家庭教師のメリット

 

一方家庭教師の場合は講師1人に生徒1人が基本です。しかも生徒にとって最も集中できる、家庭というスペースで学習を進めることができます。つまり発達障害の生徒にとっては、最も理想的な環境で学習することが可能なのです。

 

家庭教師としての重要な要素は、生徒と11でコミュニケーションがとれることです。その経験を積んでいる講師は、それぞれの生徒に合わせて柔軟な指導を行うことができます。生徒の集中力を確認しながら、その生徒にとって最も効率的な学習法を提供し、常に生徒と向き合えるというスタンスは家庭教師以外では難しいでしょう。

 

家庭教師だから可能な学習支援

 

最近では家庭教師派遣サービスで、発達障害をサポートするプログラムを選べるコースもあります。家庭教師の中でも実績を積んだ専門講師に任せることで、生徒にとって最大の学習効果を上げることができるかもしれません。

 

さまざまなケースに対応できる家庭教師

 

発達障害の生徒にはさまざまな特性がありますが、指導する家庭教師もそれに合わせた対応ができなければなりません。生徒が自分の行動をコントロールできなくなったり、周囲の変化に敏感になりすぎたりした時に、その状況に適切に対応しながら学習を進めることは、専門の家庭教師に任せた方が安心です。

 

また発達障害の生徒には通常の学習プログラムではなく、学習の進度を常にチェックしながら、細かく指導内容を修正できるカリキュラムが必要です。講師側が学習ペースを決めることはせずに、とことん生徒の理解を待つという学習法も、家庭教師だからこそできることでしょう。

 

スタッフによるサポート体制も充実

 

家庭教師のサービスでは、学習面のフォローは講師が中心に行いますが、現在は担当講師の他に専任のスタッフによるサポートも充実しています。保護者にとっては、学習上の問題点や将来に対する不安などを専門のスタッフに相談できるため、悩みを抱え込まずに軽減することもできます。

 

その他にもスタッフは長期的なカリキュラムを作成したり、生徒の進路についての情報提供をするなど、講師と連携しながらさまざまなサポートを行います。発達障害に対応する指導は、生徒と保護者が一緒になって学習に向き合うように、家庭教師とスタッフが一体になって支援するシステムづくりが重要なのです。

 

1つのシステムとして動く家庭教師サービス

 

発達障害の生徒を担当するためには、家庭教師サービスのスタッフと講師が、発達障害についての正しい知識を身につけている必要があります。まず最初に相談する時点で、発達障害について頼れるスタッフがいるかどうかは非常に重要なポイントです。

 

家庭教師のシステムは、講師ではなく担当するスタッフによる家庭訪問からスタートします。そこで生徒の現状把握と、発達障害の状況について詳細なカウンセリングを行います。このステップを飛び越えて、直接講師が指導を始めることはありません。

 

その後担当スタッフが中心になり、生徒に合ったカリキュラムを提案してから、担当の講師が家庭教師として定期的に家庭を訪問することになります。講師は毎回の指導について必要な情報を報告し、担当スタッフはその情報をもとに講師に対して適切なフィードバックを行います。講師とスタッフとの連携がしっかりと保たれていることが、生徒と保護者にとっては何よりも心強い支えになるはずです。

 

まとめ

 

発達障害の生徒をサポートすることは、一般的な指導のノウハウでは対応できない可能性があります。

現在の家庭教師サービスなら、直接生徒を指導する講師と、全般的なアドバイザーとなる担当スタッフとが、二人三脚で生徒の学力アップを支援できます。それぞれの個性に合わせた指導が必要な時には、やはり身近に寄り添う家庭教師が頼りになるのではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA