高校受験や大学受験では、受験に対する意識が生徒本人にもありますが、小学校受験で幼稚園児に同じような意識を持たせることは難しいでしょう。しかも小学校受験では、勉強以外の特別なテーマも合否判定の基準になります。

ある意味大学受験よりも難しい小学校受験では、専門的な指導が合否のカギを握ります。この記事では小学校受験の傾向と対策、そして家庭教師を利用するメリットについて紹介します。

 

小学校受験の現状と傾向

小学校受験は一般的に、入学する年の前年秋ごろから受験シーズンに入ります。受験生は幼稚園または保育園の年長組ですが、多くの家庭ではその1年前の年中組の時点で、受験対策をスタートさせるようです。

ただし現在は小学校受験の人気が高まり、難関校に合格するためには、少なくとも23年の準備期間が必要とも言われています。では最近の受験事情と出題傾向はどのような状況なのでしょうか?ここでは国立小学校と私立小学校とに分けて、それぞれの傾向を分析してみます。

 

国立小学校の受験について

国立の小学校受験は受験者数が非常に多く、そのうえ定員が限られているため、人気校では倍率が30倍を超えるところもあるなど、毎年かなりの狭き門になっています。しかも多くの小学校では、受験は第1次から第3次検定まで3段階にわたって準備されています。

毎年910月に願書の出願時期があり、まずは第1次検定の抽選により受験者が絞られます。次に実質的な入試に当たる第2次検定があり、ここで合否判定が行われます。小学校によっては、この段階で入学が決定する場合もあるようです。それ以外は抽選による第3次検定の結果によって、1112月に最終的な入学者が決まります。

 

私立小学校の受験について

一方の私立小学校の場合1011月の受験が一般的ですが、願書の受付期間が長く、受験日が複数回設定されている小学校もあります。大学受験と同じように、定員割れすると2次~3次募集が行われることもあり、複数のパターンでの受験が可能です。倍率は人気校でも10倍程度で、多くの小学校ではさらに入りやすくなっています。

 

小学校受験の出題傾向

小学校の受験科目は、主にペーパーテストと図工試験、さらに面接試験などが組み合わされます。ペーパー試験は言語・創造力・数に関する能力などが問われ、図工試験ではグループ遊びなどを通して、コミュニケーション能力などが測られます。こうした科目への対策は、一般家庭や学習塾では難しいと言えるでしょう。

 

小学校受験と家庭教師 

幼稚園や保育園の子どもたちにとって、小学校に入るために受験が必要だと説明したとして、果たしてどのくらい理解できるでしょうか。そんな子どもたちに家庭内だけで受験対策を行うことは、無理とは言わないまでもかなり困難でしょう。そこで必要になるのが、小学校受験をゴールにまで導いてくれるプロの指導者です。

 

家庭教師を活用するメリット

家庭内だけで受験対策を行うことは難しいのですが、その半面小学校受験で成功するポイントは、家庭での日常生活にあるのです。受験で出題される内容は、日々の家庭生活の中で身につけることと強い関わりがあるからです。

家庭教師は学習指導のプロですが、直接家庭にまで足を運んで指導する点が、学習塾とは大きく異なった特徴です。家庭内で一緒に勉強することは、まだ幼い小学校受験性にとっては大きな意味を持っています。なぜなら小学校受験に成功するかどうかは、家庭環境によって大きく左右されるからです。

受験する子どもだけではなく、その保護者も含めて受験対策ができることは、家庭教師を利用するうえで最大のメリットと言えるでしょう。一時的に子どもを預けてしまう学習塾とは異なり、家庭内で保護者と一緒に対策を立てられる家庭教師なら、小学校受験に特化した指導も可能になるのです。

 

家庭教師による小学校受験指導

未就学の子どもの場合、自宅でマンツーマンでの指導が最適だと考えられます。また家庭教師の指導では、子どもに合わせて個別にカリキュラムを立てられる点も、小学校受験対策を効率的に進めるうえでのメリットになるでしょう。

小学校受験で出題される内容は、学校での一般的な学習とは異なります。特に言語に関わる能力や創造力・表現力などを伸ばすためには、通常の学習方法とは違ったプランをもとに、志望校に合った対策をとる必要があります。こうした形での学習指導は、家庭教師が最も得意とするところなのです。

 

まとめ

受験にはさまざまなステップがありますが、小学校受験はある面で大学受験よりも難しいかもしれません。その最大の理由は、受験生本人だけでは対策が立てられないことにあります。小学校受験は保護者も含めて、家族が1つになって臨むべきものなのです。

受験対策としては、志望校の入試状況に合わせた細かい指導が必要になるでしょう。家庭教師なら、子どもの能力と目標にマッチした学習が可能です。本気で小学校受験を目指すのであれば、家庭も含めて総合的な指導ができる、家庭教師による受験対策がベストだと言えるでしょう。

 

カテゴリー: 未分類

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA